ルーナ

ルーナの正しい飲み方

更新日:

ルーナを飲むタイミング

ルーナを飲むタイミング
ルーナはあくまでサプリメントであり、薬ではありません。そのため、1日2粒摂取は目安量であり、飲むタイミングについても特に指定はされていません。

しかし他のサプリメントと同様、成分の吸収がされやすいタイミングに摂るのが効果的です。

そのタイミングは食後、入浴前、睡眠前のいずれか。

食後の場合は食べ物が消化されている時ですので、栄養の吸収が高まっています。

そして入浴前の摂取は、風呂で血行が良くなっていくので栄養成分がバストまでしっかり届きますし、バストマッサージを行えばさらに効果が上がります。

また就寝1時間前から30分前に摂取すれば、深夜の成長ホルモンの分泌に伴い、栄養分がしっかり吸収されていきます。

以上のように飲むタイミングをきっちり決め、目安量を守ることで、さらにルーナの効果が実感しやすくなるはずです。

生理周期の割り出し方

ルーナを効果的に飲むためには、自分の生理周期を知ることが大切ですが、それが分からないという人がいるようです。

その場合は、「ルナルナ」など生理周期を管理してくれる無料のアプリがありますから、それをダウンロードして試してみましょう。簡単に自分の生理周期が分かります。

生理周期とは、生理初日を1日目とし、そこから次の生理が始まる前日までの日数のことを指します。

これは月によっても少し前後する場合があるので、数ヶ月の平均をとった上で周期を計算します。

例えば、3ヶ月間で割り出す場合は——

1ヶ月目……28日
2ヶ月目……30日
3ヶ月目……29日

28+30+29=87
87÷3(ヶ月)=29(日)

となり、平均して29日周期ということになります。

生理周期が長かったり短かったりする場合

生理周期はワンサイクル28日が平均的な数値です。

それに合わせてルーナの1セットは28日分となっています(きらきら期用14日分とまったり期用14日分)。

もちろん、28日より長かったり短い人もいますが(正常範囲は25日〜38日)、ルーナを使う場合、生理終了を起点として考えて下さい。

28日より短い人は、まったり期用を飲み終わらないうちに生理が終わってしまいます。

その場合も生理が終わった時点できらきら期用に替えてください。

なお、本来はきらきら期用とまったり期用を同じ日数分ずつ飲むのがベストですが、排卵期前後の時期にどちらを選ぶべきかそれほど神経質にならなくても大丈夫です。

きらきら期用を14日分飲み、次の生理終了まではまったり期用を飲むという方法でも問題ありません。

また、生理周期が28日より長い場合はルーナを飲みきってしまうことになりますが、そういう人は飲み終えたあと、生理終了まで中断して下さい。

そして生理が終わったら、またきらきら期用を飲み始めるようにしましょう。

ルーナを飲むタイミング

ルーナの1日の摂取目安量は2粒となっています。

サプリメントということで、2粒まとめて飲んでも、1粒ずつ2回に分けてもどちらでも問題はありません。

ただ、2粒まとめて飲む場合、就寝前に飲むべきです。成長ホルモンとの相乗効果で成分が吸収されやすくなります。

ルーナの口コミ情報TOPページへ

-ルーナ

Copyright© 『本当に効いた!ルーナの口コミ・効果まとめ』 , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.