ルーナ

ルーナの副作用について

更新日:

ルーナで副作用が出た場合の原因

ルーナで副作用が出た場合の原因

過剰な摂取

ルーナは2種類のサプリがセットになっており、周期に合わせてどちらを飲むかが決まっています。これが面倒くさいという人がいるようですが、効果を実感するためには避けられない手順です。

2種類のサプリのどちらを摂取するにせよ、1日2粒と目安量が決まっているのでそれを守るようにしましょう。メーカーの方で刺激がないように配合しているのに、それが無駄になってしまいます。

飲み方が間違っている

飲み方に誤りがあると、副作用を引き起こすことになりかねません。特にサプリでもプエラリアを主体としたものはホルモンバランスと関係するので、気をつける必要があります。

飲み方を守らない場合、効果が実感できないだけにとどまらず、体調が悪化することすらあります。

飲む前はキチンと説明書を読むようにしましょう。

体質に合わない

サプリメントは薬ではなく食品ですが、体質によって合わないという場合が少なくありません。

特にプエラリアサプリメントの場合は肌荒れ、生理不順を引き起こすこともあり、注意が必要となります。合わないと思ったらすぐに服用を中止すべきです。

定期購入をしている場合は返金保証がありますから、それを利用するようにして下さい。

ルーナの口コミをチェックする

ルーナの成分

プラセンタ

胎盤からの抽出物質で、最近美容界から注目を浴びています。

エストロゲン作用を備えていて、体内に入ると女性ホルモンと似た働きをしてくれるのがその大きな特徴。

また、体の細胞の新陳代謝を促進するグロースファクター効果も持つため、美肌効果が期待できます。

難消化性デキストリン

難消化性とは、文字通り「消化にしにくい」という意味。天然のでんぷんから作られる水溶性の食物繊維の1種です。

安全性の高い食品として消費者庁でも認められ、幅広く使われています。

食物繊維ということで、小腸での糖や脂肪の吸収を抑制し、便通を改善する効果もあります。

プエラリア・ミリフィカ粉末

プエラリア・ミリフィカはタイとミャンマーの国境近くの森の中で原生している植物。タイでは不老長寿の植物としても知られていて、盛んに使われてきました。

含有されるイソフラボンの量がなんと大豆の40倍もあり、乳腺と脂肪を刺激する効果が強いということで美容界から注目を集めています。

ただ、強力なエストロゲン活性を備えていることから、過剰摂取には気をつける必要があります。

エラスチン

コラーゲン同士を結びつける働きを備えた繊維状をしたたんぱく質。

もともと皮膚の真皮部分、血管、靭帯などに存在していて、肌にハリを与えたり、血管を柔らかくしてくれる効果を持っています。

チェストベリー

地中海を原産とする灌木の実。お茶としても飲まれているハーブの1種です。

月経前のホルモンバランスを整え、生理不順、乳房痛、生理前の肌荒れ、生理痛、むくみ、気分の落ち込み、イライラ、頭痛、便秘などを緩和してくれます。

ワイルドヤム

アメリカ大陸を原産地とするハーブの1種。古くから食用として重宝され、民間療法にも使われてきました。

「ジオスゲニン」という成分と「サポニン」という成分を含み、ジオスゲニンの方は体内に取り込まれると女性ホルモンのプロゲステロンに変換するため、美容に効くとされています。

またサポニンの方は抗酸化物質として有名。加齢による肌の衰えなどを防いでくれます。

-ルーナ

Copyright© 『本当に効いた!ルーナの口コミ・効果まとめ』 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.